So-net無料ブログ作成
乗り物情報 ブログトップ

仙石線の仙台~石巻間が開通90周年 [乗り物情報]


 記念スタンプラリー開催 JR東日本

11月22日に開通90周年

 JR東日本仙台支社は2018年10月25日(木)、仙石線の仙台~石巻間が開通90周年を迎えるのにあわせ、記念スタンプラリーを開催すると発表。
仙石線はあおば通~石巻間を結ぶ49.0kmの鉄道路線。
宮城電気鉄道が1925(大正14)年に仙台~西塩釜間を開業し、1927(昭和2)年に松島海岸駅まで延伸、さらに1928(昭和3)年11月22日には石巻駅まで達し、仙台~石巻間は今年の11月で開通90周年を迎えます。
記念スタンプラリーは、90周年を迎える11月22日(木)から、約3か月後の2019年2月19日(火)まで開催。台紙を入手し、松島海岸駅、石巻駅、松島観光案内所、石ノ森萬画館の4か所のスタンプをすべて集めると、「仙石線開通90周年限定 石ノ森萬画館オリジナルクリアファイル」(限定900個)がプレゼントされます。

詳細は こちら

https://trafficnews.jp/post/81838?utm_source=onesignal&utm_medium=rss&utm_campaign=webpush&utm_term=81838


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

めでたい電車が結婚!? [乗り物情報]


南海電鉄は2018年10月26日(金)
観光列車「めでたいでんしゃ」の2編成「さち」と「かい」が“結婚する”と発表

南海加太線を走る観光列車「めでたいでんしゃ」の「さち」と「かい」が結婚し、夫婦になるといいます。これに伴い、結婚イベントが開催されるそうです。


南海電鉄によると今回、この「さち」(女の子)と「かい」(男の子)が結婚し、夫婦になるとのこと。結婚という形で結び付きを強めることで、これまで以上に利用者から愛される電車を目指すそうです。

これに伴い、2編成の結婚イベント「めでたいウエディング」を、11月23日(金・祝)に加太駅構内(和歌山市)で開催。当日は、加太駅2番線に留置している「かい」のもとに「さち」が嫁ぐ(1番線に入線する)形でイベントが進みます。

 地元の小学生からお祝いの歌と絵が贈られるとともに、加太春日神社の宮司による祝詞奏上や、並んだ2編成の前でくす玉割り、鏡開きなどを予定。そして“嫁入り列車”「さち」が加太駅を出発します。「さち」は特別ヘッドマークを掲出します。

 会場では結婚式とともに、キャンドルやしおりを作るワークショップ、福引なども行われる予定です。結婚イベント「めでたいウエディング」は10時50分から14時まで開催されます。南海電鉄は「ぜひ、2列車の晴れの舞台にお立ち合いください」としています。

元記事 https://trafficnews.jp/post/81835?utm_source=onesignal&utm_medium=rss&utm_campaign=webpush&utm_term=81835





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新快速の一部に有料座席サービス「Aシート」導入を発表 [乗り物情報]

2019年春運行開始

 JR西日本は2018年10月24日(水)、新快速の一部に有料座席サービス「Aシート」を導入すると発表しました。

琵琶湖線、JR京都線、JR神戸線(北陸本線、東海道本線、山陽本線)を走る新快速が対象。12両編成のうち1両(9号車)に快適性を高めた有料座席が設けられます。

 内装は落ち着きのある空間に変更。座席はリクライニング機能やテーブルが付いたタイプに変わるほか、JR西日本の在来線普通車では初という電源コンセントも全席に付きます。また、無料Wi-Fiや荷物スペースも導入されます。

 

 着席料金は500円、着席定員は46人です。利用する際は、空いている席に座り、乗務員から現金や交通系ICカードで乗車整理券を購入。

車両は223系1000番台の2編成(2両)を改造。2019年春から1日あたり上下4本が運行される計画です。

 JR西日本は「近畿エリアの基軸列車である新快速に『快適性』を加え、多様なお客様のニーズにお応えすることで、『住みたい、行きたい』沿線づくりを目指してまいります」としています。

https://trafficnews.jp/post/81808

有料だけど、ニーズに合わせて こんなサービスをどんどん増やしてほしいですね~

(≧∇≦)







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

個室高速バス [乗り物情報]


2014年10月21日(水)、西日本鉄道は福岡と東京を結ぶ夜行高速バス「はかた号」に12月18日福岡発車分から新型車両を導入すると発表。

座席には背面マッサージ機能も

https://trafficnews.jp/post/36340/

「はかた号」は1990(平成2)年に運行をスタート。
福岡~東京間の約1150kmをおよそ14時間半かけて走行する夜行高速バス。
福岡・西鉄天神バスセンターを19時ちょうどに発車すると、翌朝9時25分に東京・新宿駅西口へ到着。

かなりの長距離高速バスです。
(走行距離が最も長いのは埼玉・大宮~福岡・天神を結ぶ「Lions Express」(西武高速バス・西鉄高速バス)の約1170km。運行時間が最も長いのは東京・新木場~島根・津和野を結ぶ「いわみエクスプレス」(中国ジェイアールバス・石見交通)の約15時間半と、まだ上もあります。)

今回登場する「はかた号」
新型車両の特徴は、最上級席の「プレミアムシート」を西日本鉄道の高速バスとして初となる個室型にしたこと。
従来車両の「プレミアムシート」はカーテンで個室風になっていましたが、新車は固定式のパーティションで仕切られ、専用の空気清浄機を搭載。快適なプライベート空間を実現。

 この「プレミアムシート」には電動リクライニング・レッグレストはもちろんのこと、背面マッサージや背面ヒーター、座面送風機能を搭載。
個室にはタブレット端末が備え付けられ、インターネットのほか電子書籍などのコンテンツを無料で楽しむことが可能。
USBポートとコンセント、無料Wi-Fiサービスもあります。

 「プレミアムシート」は4席あり、運賃は17000~20000円(出発日により異なる)。
(従来車の「プレミアムシート」は14500~18500円)

 また新しい「はかた号」の車両には「プレミアムシート」4席のほか、3列独立シートの「ビジネスシート」が16席、4列独立シートの「ビジネスシート(女性専用)」が4席と、合計24席。

 

 「ビジネスシート」はコンセントとUSBポート、無料Wi-Fiサービスがあり、運賃は12000~15000円。
「ビジネスシート(女性専用)」はコンセントと無料Wi-Fiサービスがあり、運賃は11000~14000円。

新しい「はかた号」の車両は、従来車と比較し大きく変わった点は、従来車「プレミアム」「ビジネス」「エコノミー」という3クラスの座席が、新車は安価な「エコノミー」がなくなり2クラスになったこと。(従来車の「エコノミー」は2階建てバスの1階に設けられ、4列シートが並ぶものでしたが、その代わり運賃は8300~12300円と安く抑えられていたのが特徴。)

東京~福岡間の交通機関の運賃、所要時間。

・新「はかた号」プレミアムシート:17000~20000円
・新「はかた号」ビジネスシート:12000~15000円
・旧「はかた号」エコノミーシート:8300~12300円
いずれも約14時間半

・新幹線「のぞみ」指定席:22950円(通常期)、約5時間

・全日空(羽田~福岡):41100円(通常期)、約1時間50分
・ジェットスター(成田~福岡):6490~29990円(届出運賃)、約2時間10分

・夜行高速バス「Lions Express」(池袋~福岡、4列シート):8300~12300円、約14時間半

 航空機は時期により運賃に幅があるため比較は難しいですが・・・。


夜間に移動し無駄な時間を減らしたい、飛行機は嫌いという需要を取り込み生き残れるのか
今後に注目。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
乗り物情報 ブログトップ