So-net無料ブログ作成

6月30日 今日は・・・ [今日は何の日]



6月30日 今日は・・・
「アインシュタイン記念日」
 1905(明治38)年、アインシュタインが相対性理論に関する最初の論文「運動物体の電気力学について」をドイツの物理雑誌『アナーレン・デル・フィジーク』に提出しました。
 当時、アインシュタインはスイス連邦特許局の無名の技師でした。
「夏越の祓,大祓」
36332873_477022182757057_6788015418406600704_n.jpg
 大祓は、罪とけがれをはらい清める神事で、6月と12月の末日に行われます。
 「夏越の祓」(なごしのはらえ)・「茅の輪くぐり」(ちのわくぐり)とは
 6月下旬に神社で大きな茅の輪を見かけたことはありませんか? 「夏越の祓」(なごしのはらえ)は別名「茅の輪くぐり」(ちのわくぐり)といいますが、いったい何をするのでしょう? 由来、茅の輪のくぐり方、形代、期間限定の御朱印、水無月という和菓子を食べる風習など 日本の古き良き風習「夏越の祓」を楽しんでみましょう。
茅の輪くぐり.jpg
 夏越の祓(茅の輪くぐり)とは
「夏越の祓」とは、6月末(6月30日)に行う祓の行事で、神社の境内につくられた茅の輪をくぐって罪や穢れを落とすため、別名「茅の輪くぐり」と呼ばれています。茅の輪とは、茅(ちがや)という草で編んだ輪のことです。
 日々生活していると、さまざまな罪や穢れが生じると考えられてきました。そこで、茅の輪や形代(かたしろ)などで罪や穢れを祓う大祓(おおはらえ)を行うようになりました。6月末に行われるものが「夏越の祓」(夏越大祓)で、12月末に行うものを「年越の祓」(年越大祓)といいます。
 つまり、夏越の祓は今年前半の穢れを祓って無事に過ごせたことに感謝し、後半も元気に過ごせるよう祈る行事です。全国各地の神社で行われており、基本的にはどこでも、どなたでもできます。昔から夏の風物詩になっているため、茅の輪をみると、今年も半分過ぎるのか…と感じ方も多いでしょう。夜店が出て賑わうところもあり、夏祭りのひとつとして楽しみにしている方もいます。
 茅の輪くぐりの由来
茅の輪くぐりは、日本神話に基づいているといわれています。昔、一人の旅人が現れ、ある兄弟に一夜の宿を乞いました。弟は裕福であるにもかかわらず旅人を冷たく断りましたが、兄の蘇民将来(そみんしょうらい)は貧しいながらも手厚く旅人をもてなしました。実はこの旅人は武塔神(むとうしん。スサノオノミコトと同一視されている)で、蘇民将来へ災厄を祓う茅の輪を授けました。蘇民将来は、武塔神の教えに従い茅の輪を腰に付けたところ、疫病から逃れられ、子々孫々まで繁栄したということです。
 この話に基づき、茅の輪くぐりをしたり、家の玄関に蘇民将来のおふだをつけたりするようになりました。
 茅の輪のくぐり方
茅の輪は自由にくぐることができます。大概、くぐり方の説明が表示してあるので、それを参考にしてください。
 【一般的な茅の輪のくぐり方】 ※各神社の作法に従ってください。
基本的には、左まわり→右まわり→左まわりと8の字を描くように3回茅の輪をくぐって回ります。
 1.まずはくぐる前に一礼をして、「水無月の 夏越しの祓する人は 千歳の命 のぶというなり」と唱えながら左まわりにくぐり、茅の輪の前に戻ります。
 2.2回目も一礼をし、同様に唱えながら右まわりにくぐって茅の輪の前に戻ります。
 3.3回目も一礼をし、同様に唱えながら左まわりにくぐって茅の輪の前に戻ります。
 4.最後にあらためて一礼をして茅の輪をくぐり、神前に進んでお参りします。
 形代(人形代)
夏越の祓では、茅の輪のほかに、形代(かたしろ)による祓を行うところもあります。人の形をした人形(ひとがた)、人形代(ひとかたしろ)に自分の罪や穢れ、災いなどを移し、祓い清めて川や海に流したり、お焚きあげをしたりする神事です。紙製の人形が多いのですが、藁などの人形を用いるところもあります。
 また、自動車の形をした車形(車形代)で車のお祓いができるところも多いです。最近はペット用の形代もみられ、時代のニーズを反映しているようです。

36386197_477025922756683_5725775443810844672_n.jpg
京都では当たり前!夏越の祓の和菓子「水無月」

 夏越の祓には、「水無月」(みなづき)という和菓子を食べる風習があります。
 その昔、宮中では6月1日に「氷の節句」が行われていました。氷室に貯蔵された冬の氷を取り寄せ、氷を口にすることで夏を無事に乗り切ろうと祈願しました。庶民にとって氷は高嶺の花だったため、削り立ての鋭い氷に見立てた生地に、邪気を払う小豆をのせたお菓子を作り、6月を意味する「水無月」と名付けたのです。
 水無月は6月の和菓子として親しまれ、暑気払いになるといわれています。京都では当たり前のように定着しており、とくに夏越しの祓のころに食べると無病息災で過ごせるとされ、夏越しの祓の行事食として取り入られてきました。
 夏越しの祓は今年前半を無事に過ごせたことに感謝し、後半も元気に過ごせるよう祈る行事です。茅の輪くぐりや水無月などを上手に取り入れ、季節の風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
「ハーフタイムデー」
 一年も残す所あと半分となる日。
 これまでの半年の反省を行い、残り半年の目標を設定する人が多いそう。
 20〜49歳の未婚男女600人に出した「未婚者の2018年目標」に関する あるアンケート結果では「2018年に一番達成したい目標」は「恋人をつくる」が21.1%でトップ、「仕事での昇格(給料アップ)」(15.5%)が2位、「結婚する」(13.6%)が3位という結果だったそうです。
 また、男女別の結果をみると、男性は「恋人をつくる」(28.6%)が1位、女性では「結婚する」(17.6%)が1位となりました。男性の「結婚する」は9.5%と低いことから、男性は恋愛、女性は結婚と男女で大きな差があることがわかっています。
 これらの目標は65.7%の人が2018年中に目標を達成したいと考えているようです。2018年も早くも残り半分。達成したいことがあるという人は、目標達成のため頑張ってくださいね。
「トランジスタの日」
 1948(昭和23)年、アメリカ・AT&Tベル研究所のウィリアム・ショックレイ、ジョン・バーディン、ウォルター・ブラッテンが発明したトランジスタが初めて公開されました。
 トランジスタは半導体を用いて電気信号を増幅・発振させることができ、真空管と同じ働きをしながら小型・軽量・長寿命で消費電力が小さい等の利点があり、急速に普及して行きました。
「リンパの日」
 美と健康のために正しい生活習慣やケアによって、リンパの流れをよくする術を普及させることを目的に、一般社団法人日本リンパ協会が制定。
 日付はリンパの流れが悪いと身体がむくみやすくなることから6と30を「む(6)くみ(3)ゼロ(0)」と読む語呂合わせから。梅雨どきは特にむくみやすくなることもその日付の由来のひとつ。
「集団疎開の日」
 1944(昭和19)年、東条英機内閣が集団疎開の促進要綱を閣議決定しました。
「独立記念日 [コンゴ民主共和国]」
 1960年のこの日、ベルギー領コンゴが独立してコンゴ共和国(後のザイール、現 コンゴ民主共和国)となった。
36448080_477034742755801_2192489751301324800_n.jpg
コンゴ共和国は、中部アフリカに位置する共和制国家。
東にコンゴ民主共和国、北にカメルーンと中央アフリカ、西にガボン、南にアンゴラの飛地カビンダと国境を接しています。
首都はブラザヴィル。
 二つのコンゴとアンゴラ北部は15世紀頃まではコンゴ王国の一体的な領域でしたが、
16世紀にポルトガルによる征服を経た後に、19世紀のベルリン会議でベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)とポルトガル領に分けられました。
1970年から1991年までの期間は左翼クーデターによりコンゴ人民共和国でした。








 




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。