So-net無料ブログ作成

2月3日 今日は・・・ [管理人日記(雑記帳)]



2月3日 今日は・・・
「節分」
 節分(せつぶん)は、現在では立春の前日(太陽暦の2月3日か4日)をさしますが、もとはそれぞれの季節がおわる日、つまり立春、立夏、立秋、立冬の前日をいいました。そのため、2月3日の立春の前日だけでなく、年に4回あります。
 節分につきものの「鬼はらい(やらい)」の行事は、中国の大儺(たいな)が源流(げんりゅう)で、おそろしい形相(ぎょうそう)の面をつけた呪師が疫鬼をおいはらう行事です。
 日本では706年(慶雲3)に、たくさんの人民が疫病で死んだので、土の牛をつくって、はじめての鬼払い儀式が行われたことが、「続日本紀(しょくにほんぎ)」に記されています。
 その儀式は追儺(ついな)といい、朝廷では鎌倉時代まで大晦日の夜に行ったそうです。
 節分といえば豆まきですが、節分に豆で邪鬼をはらう行事が初めて行われたのは、室町時代の京都で、「看聞(かんもん)日記」の1425年(応永32)の記録に記されています。
 また、定番のかけ声の「鬼は外、福は内」は、「臥雲日件録」1447年(文安4)に、立春前夜に家ごとに豆をまき、「鬼は外、福は内」ととなえたと記されています。
 やがて江戸時代になると、春をむかえる厄払いの行事として、諸国の神社や家庭にひろまり、体を豆でなでて厄をうつしたり、年齢の数だけ豆を食べたりするようになりました。
 また、ヒイラギの葉がとがっていることから、「鬼の目突き」とよばれ、その先にイワシの頭をさして戸口にかかげると、邪気の侵入をふせぐとされています。
 最近では、恵方巻(えほうまき)といって、節分に食べる太巻きがブームになっています。
 節分の夜にその年の恵方(えほう→歳徳神の住む方角で、その年に吉となる方角)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら、無言で太巻きをまるかじりするそうです。
71efSrMSV1L._SL250_.png
 ちなみに恵方は、5年ごとに同じパターンをたどり、
2015年(平成27年) 西南西(西微南)
2016年(平成28年) 南南東(南微東)
2017年(平成29年) 北北西(北微西)
2018年(平成30年) 南南東(南微東)
2019年(平成31年) 東北東(東微北)
2020年(平成32年) 西南西(西微南)
2021年(平成33年) 南南東(南微東)
2022年(平成34年) 北北西(北微西)
          〃
          〃
と、くり返されます。
 恵方巻きの具材は何でも良いそうですが、七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ、その等の七種類の具を入れるのが良いとされています。
 現在の恵方巻の起源は、豊臣秀吉の家臣・堀尾吉晴が、節分の前日に巻きずしの様な物を食べて出陣し、戦いに大勝利を収めたという故事を元にしていると言われています。
「大岡越前の日」
 本名 大岡忠相(おおおかただすけ 1677~1751)で、江戸中期の政治家です。
 一般に大岡越前守(えちぜんのかみ)とよばれることが多いので、「きょうの日本昔話」では、大岡越前守と記載しています。
 譜代の旗本大岡忠高の4男として生れ、1686年(貞享3に、)大岡忠真(おおおかただざね)の養子(ようし)となり、養父から1920石を相続しています。
 1702年に書院番(しょいんばん→警備の仕事)となって以来、徒頭(かちがしら)、使番(つかいばん)、目付(めつけ)と順調に昇進し、1712年(正徳2)山田奉行に就任すると同時に能登守(のとのかみ)となりました。
 1716年(享保元)普請奉行に転任し、8代将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)のもと、41歳で江戸の町奉行に昇進し、名前を越前守(えちぜんのかみ)とあらためました。
 以後、約20年間同職をつとめています。
「大豆の日」
 大豆製品を取扱うニチモウ(現 ニチモウバイオティックス)が制定。 この日が豆撒きをする節分になることが多いことから。
「乳酸菌の日」
 カゴメ株式会社が制定。 「にゅう(2)さん(3)」の語呂合せ。 併せて毎月23日も「乳酸菌の日」としています。
「絵手紙の日」
 「絵手紙」を描いて送ることを世界中に呼びかける日として、日本絵手紙協会が制定。日付は2と3で絵手紙の「ふみ」と読む語呂合わせから。
「神社本庁設立記念日」
 1946(昭和21)年のこの日、日本全国のほとんどの神社を包括している宗教法人・神社本庁が発足した。 ただし、神社本庁自体は事務機関で崇敬の対象となるものではないことから、神社では特に祭礼などは行われません。
「ジュディ・オングの日」
 台湾出身の歌手である彼女が、文化の架け橋として活躍したことを記念したものです。
 アメリカ・ネバダ州が1990(平成2)年に制定。
「英雄の日 [モザンビーク]」
1969年のこの日、モザンビークの独立指導者・エドゥアルド・モンドラーネが、爆弾入りの荷物により暗殺されました。
「雪池忌(ゆきちき)」
 福澤諭吉の1901(明治34)年の忌日。
 墓のある港区元麻布の善福寺で、慶應義塾の関係者による法要が毎年行われています。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。